2020/02/12 21:48


こんにちは。
こちら九州、とっくに梅が咲いております。

まず白い梅がちらほら咲きはじめ、
気づいたら濃いピンクの梅も
見えるようになる気がします。

種類とか時期とか全く詳しくないんだけども。

日中太陽の日差しが当たると
ぽかぽかして、春が近いのかなあなんて思います。

いやでも、雪を一瞬でいいから見たかった…
今日から雨の予報でちょっと沈んでます。
どうせなら雪降れや(-"-)


さて、中国武漢より大騒動となっておりますコロナウイルス。
実は風邪と変わらないということで
普段どれだけ風邪で命を落とす人がいるのか
ということがなんとなく分かる気もします。

普段風邪で命を落とすなんて正直
あまり実感のない出来事でしたが、
症状がひどくなったり、肺炎などを誘発…いや、併発?
してしまうと、こうも大惨事になるのかと背筋が凍えました。

たかが風邪、されど風邪。

私が最後に風邪をひいたのは
去年の春…風邪というか蓄膿だったけど。
(上京前の弟にやられました)


コロナウイルス感染拡大に伴い、武漢は封鎖。
というか、実質中国が封鎖されつつありますね。

武漢の実情を、実際に住んで見て体感している方が
話し投稿されたYoutube映像を
いくつか見ては心を痛めました。

病院で治療が受けられない、病院も医師も足りない、
薬やマスクも足りない、マスク価格は高騰、
入院に手続きや審査がある、症状が出ていても家に帰される、
病院に患者があふれかえっていてそこで感染が広がってしまう、
見慣れた街で人が行き倒れている…

どこまでが事実で、どこまで信じていいのか
正直分からない中国の現状も、
同時に知ってしまいました。

「こんな動画を投稿したら逮捕されるかもしれないが覚悟の上だ」
「中国ではネットを自由に使えない」
「支援物資は赤十字協会が独占している?」
「支援物資を横流ししている人がいる」
「ウイルスは細菌爆弾の研究所から漏れ出たものでは?」
「政府はウイルスの危険性を隠そうとした。責任を取らせるべきだ。」


日本という、よく言えば平和・秩序のある・国民性が優しい、
悪く言えば平和ボケしたなまぬるい、
こんな環境でしか生活したことのない私には
信じがたい有様でした。

しかもまるで立場や部落によって、命の価値に
差があるようなことを感じさせる…
何もできない自分の無力さや虚無感に
しばらく襲われていました。


でもただ心を痛めているだけでは終わりません。
私はこのショップで中国製のアパレル用品を販売してきました。

初期の頃は手探りで、トップス・ボトムスもアクセサリーも、
それからレディースもメンズも取り扱っていました。
最近だと力を入れていたのはアクセサリー。
これらはすべて、中国メーカーさんからの輸入商品でした。

中国はご存じの通り人口がかなり多く、
メーカーさんやショップの数もかなりあります。
商品数も、デザインのバラエティーも
莫大なものです。

その莫大なバリエーションだからこそ、
ちょっと人とずれているような私にも刺さるような
デザインがたくさんあり、商品開発側もより良いものを
良い値で作ろうと競合していました。

distinclothは私が個人で運営しているので、
外部企業様と連携してお届けしていました。
私が商品を選んでこのショップに出品、
お客様からご注文があってから中国メーカーさんから仕入れ、
連携している企業様の中国拠点事務所から発送していただく、
という流れを取っていました。

特にアクセサリーはお気に入りで、
面白いと思ったものをシリーズ化して発信してきました。
投稿した記事数は三桁は軽く超えています。

コロナウイルスの影響で
中国の物流やメーカーさんや、
提携している企業様の中国拠点でも
かなり混乱しているようです。

調べても、今中国の物流事情が実際どうなっているのか、
一般人の私には詳しく知ることができませんでした。
連携している企業様からも、ただ、先行き不透明…と、それだけ。

こうなると、中国から商品を仕入れ、お届けする
なんてことは、到底できません。
メーカーさんは無事なのか、営業しているのか、
もし注文があったら配送はできるのか、
日本は荷物の中国便をそもそも受け入れているのか。

こんな状態で、無責任に
お客様に販売すること、紹介したり発信することは
できないと私は判断しました。


もともと、アクセサリー中心の販売から
オリジナルデザイン中心にシフトしようかなとは
考えていました。

中国の直輸入ですので、まず
お届けにかなり日数をいただいてしまいます。
早くて10日、遅いと3週間以上…
これに春節が被ればまだかかるかもしれません。

また、関税や国際送料がかかるので
販売額より値段がだいぶ上がってしまいます。
お客様に提供するサービスとしては、
高い・遅いと時代錯誤的な面は確かにありました。

また、メーカーさん側も
一度作って売れてしまったら在庫は補充しないとか、
いつの間にか商品がなかったことになってるとか、
在庫チェックするだけでも正直ひやひやすることもありました( ̄▽ ̄)

けれど、デザインは本当に面白いものが多く、
是非知ってもらいたい、見てもらいたい、
気に入っていただけたら手に取ってもらいたいと
思えるものがたくさんありました。

商品を非公開にしたり、
過去のブログに全部販売中止の決定を追記したり、
商品情報だったところを写真に変えたり…
という多量の作業をしたのですが、
随分感傷に浸りながらやってしまいました。

ここがいいと思ったんだよなあとか、
これ広告に使ったなあとか、
思い入れのあるアイテムばかりで
自分の決定を後悔しそうになってました。


きっかけは確かに感染症の影響だったのですが、
最終的に輸入商品の取り扱いをやめ、
オリジナル一本でやっていこうと決めたのは自分です。
やろうと思えば、復旧を待って再開すればよかったのですから。

ショップの方針とか系統とか、大幅に変わってしまいますし
これからまた考えるべきこともやるべきこともたくさんあります。
感傷に浸って止まっている暇はありません。

ものすごく個人的なことで、
ブログに書くべきことなのかどうかも分かりませんが、
これまでの輸入商品販売の軌跡を糧として
これからリスタートを切りたいと思います。

これまでブログでやってきた紹介から
デザインメインになっていくと思いますが
よかったら楽しみにしていただけると嬉しいです。


それでは、これまでDistinclothで扱ってきた
輸入アイテムに興味を持ってくださり、
「いいね」を下さった方、ブログに遊びに来てくださった方、
本当にありがとうございました。

取り扱い商品や系統はまるっきり変わってしまいますが、
私はこれからも「遊び心」を大事にDistinclothを
オリジナルデザインのショップとして
運営していこうと思います。


・・・さて。プロフィールもaboutページも
書き直さねばならぬということだな。
インスタもちっとも更新していないし・・・
年末から描いてる新デザインは完成してないし・・・。

ま、ぼちぼち頑張ります('ω')

では、今回はこの辺で。