2019/09/30 01:07

※読みづらい方はこちら

出る杭は打たれる。

目立ってはいけない、
みんなと同じでいなければならない。

これは日本人の心の底に刷り込まれた
一種の精神的な文化ですね。

最近こそ、みんなと同じでなくていい、
自分らしく、十人十色…みたいなキャッチフレーズを
よく見かけるようになりました。

まあ私も似たようなコンセプトを
掲げながらやってるわけですが…

何で出る杭は打たれる現象が蔓延しているのか
ちょっとだけ考えてみました。

結果、大きく分けて二つにまとまりました。
〇組織成長のため
〇少数派を区別したいだけ


会社などの組織は、
すげえ当たり前ですが集団ですね。

個人で動くより組織で動く方が
より大きな規模で様々なことができます。

そしてその多くの人間にまとまりがあるほうが
組織をまとめる人間としては楽ですし動かしやすい。

まとまりというのは、
価値観・考え方や人間性、能力とか。

戦後は、みんなが同じことを同じように
できることが理想とされてきたそうです。

圧倒的物不足のなかで、人の手で
物をたくさん作らなければならなかった状況。

みんなと同じことができる能力、
みんなに合わせ集団の一員として動ける人間、
上の言うことを聞き従うことのできる多数の人が
必要とされてきました。

だから学校教育の中でも、
みんなで一緒に同じ授業を受け、
同じレベルで同じ量の課題をこなさせ、
同じテストを受ける。

上の言うことは聞くもの、
統一された集団の一員でいるということ…
というのを義務教育の中で刷り込まれる。

そうやって育てられた人間性・能力で
社会に出て国・組織の発展に貢献してもらう。

国が育つために組織ができ、
組織を成長させるために統一性を設け、
統一性を保つために出る杭は打たれる。

そういう流れだったのではないでしょうか。

でももう戦後じゃありません。
時代は止まらず変わり続けます。

求められる人間性だって、
変わってきています。


ちなみにですが、〇〇らしいという服装や髪。
今結構話題ですよね。

地毛が明るいだけなのになぜ黒に染めて
学校・就活に行かなきゃいけないのか。
帰国子女でピアスを空けていたらだめ。
生まれた国ではピアスをつけることは
女性として当たり前なのに。

服装や見た目に統一性を出そうというのは、
もとはと言えばもしかしたら、集団成長のための
一環だったかもしれません。

同じ服を着て、同じ雰囲気の格好をすれば
親近感がわく、組織の一員だという実感がわく。
一体となって頑張り、成長を目指す。
…みたいな。

若いころは反抗心なんて芽生えて当然ですから
その反抗心にまた大人が反発して
学校での服装統一が無意味に過激になっていった
ってだけの話なんじゃないですかね。


じゃ、今度は出る杭を打つ方の心境考えてみますか。

組織が成長するのに使った統一性。

出る杭は、簡単に言えば
統一性を失わせる存在です。

ひとたび一か所で毛色の違うものが
許されてしまえば、それに触発されて
いろいろなものが許されていき、
統一性なんてなくなってしまう。

統一性こそ集団成長の要、
集団組織のあるべき姿だと
思っている人たちからすれば
大変な事態になります。

また、立場に差はなくても、
波に乗り集団に馴染んでいる人からも
出る杭は打たれるかもしれません。

あんな目立つようなこと…
悪趣味、変わり者、ひそひそ…

そういう人たちは正直
何も考えていないでしょうけどね。

ただ、自分たちと違うから
線引きして区別したいだけ。

空気を読んで周りに合わせられてる自分を
正しい人間だと思い、
そうでない人間をさげすみ、
いい気になりたいだけ。

一人悪者がいれば残りは
団結するという無慈悲な流れも
人間にはあります。

ということでまとめると、出る杭が打たれる訳は、
1, 統一性こそ成長の要だった名残
2, 少数派を悪者扱いしたいだけ

という個人的意見になりました。


人と感覚が若干ずれているのか、
同じ話を聞いたり同じ環境にいても
感じたことや解釈が全然違う…

そんなことが多々あったので、
個人的には学校などの集団には
居づらい側の人間でした。

正直に言ったらきっと間違いだから、
どんな答えを求められているのか考える
というのが常でした。

でも毎日通う学校ですから、小中学の頃は
居心地よくするために真面目ちゃん貫き、
比較的好成績を保ち、世間知らずを貫き、
人とある種の壁を作ってなんとか乗り越えました。

服装に関しては、注意されるの面倒だったし
真面目気取ってたしで
校則は十分すぎるくらい守ってましたけどね。


生き方の幅も時代とともに
広がり多様になってきました。

いろんな人間がいていいと思います。

こんな風に組織の一部として
動くのが苦手な人間でも
生きる方法はあります。

その他大勢と考え方や感じ方が
明らかにずれている人間でも
それを活かすことができます。

まだまだ受け入れられていないところも多いですが、
集団の一員、みんなと同じである必要は
全くないんです。

むしろ、みんなと同じものしか
生みだせないのは今や無価値っていう
世界が増えてきています。

まずは、自分が良いと思えるもの、
好きだと思えるものをはっきり意思表示できること。

それから、正しいとか正しくないというような
一方的な見方や偏見を持つのではなく
多角的にものを見ていろんな可能性を
考えられるようになること。

正誤の判断なんて、突き詰めれば
できないものばっかりですからね。

それが、みんなと同じでなきゃだめ…という
ある種の洗脳から抜け出す一歩となり、
いろんな人・考えを受け入れられる
環境につながっていくのではないかなと思います。

出る杭は重宝される時代に
ならなくてはいけませんね^^

ということで、字ばっかりで見づらいかもしれませんが
ご精読いただきありがとうございましたm(__)m

時々思いついたら、こういう
押しつけがましい文章も書いてます笑

それでは、今回はこの辺でさよならしましょう。


ぜひ、おすすめのアイテムも
見て行ってください^^

ではまた!

インスタも。



また、ショップをフォローすると、
フォロワー限定のクーポンや
お知らせをたまーに受け取れます。


通知自体はほんとにたまーに送る程度ですが、
新しいアイテムやブログを更新すると
自動でお知らせしてくれるシステムらしいです。

気が向いた時にでも
覗いてみてください^^

ちなみにショップ管理人プロフィールはこちら



~ご注意とお願い~
◎このショップで取り扱っている商品は受注販売商品です。
 ご注文承りましてから制作し、メーカー様からお客様への直送となります。

◎お届けまでに10日~二週間以上など、長らくお待たせしてしまう場合もあり
 誠に申し訳ございませんが、ご了承の上ご購入いただくようお願いいたします。

◎また送料(¥500)が、会計時に
 お支払い金額に追加されますのでご注意くださいませ。
 複数ご購入の場合2つ目以降は送料無料となります。



過去記事はこちら